湯山玲子の父の代表曲は?ファッションや髪型を調査!プロフも紹介!


スポンサーリンク


今回は 湯山玲子さんについて調査します!

最近よく、テレビ番組のコメンテーターとして主演なさってますよね!

 

調べてみると、湯山玲子さんのおとうさまにはヒット曲があるそうなんです。

ヒット曲??

歌作ってる人だったの??

 

謎だらけです。

今回は、湯山玲子さんのおとうさまのこと、そして、自身のファッシャンや髪型のこと。

プロフィールについてもご紹介したいと思います!

湯山玲子のプロフィールは?

まずは、湯山玲子さんのプロフィールから見てきましょう!

名前:湯山玲子

生年月日:1960年

出身地:東京都杉並区久我山

出身大学:学習院大学法学部

 

法学部の出身なんですね!

ちなみに、学習院大学法学部の偏差値は57.5です。

そこそこ高いですね!

 

学習大学といえば、ずっと皇室のイメージがありました。

それもそのはず、

1877年に皇族、華族のための教育機関として開校されたもののようです。

最近は皇室の方も自由になってきていますけどね、

なんだかお嬢様がいくような勝手なイメージ・・・・

 

学習院大学法学部のの出身者は、

小島慶子さん、森下和哉さん、麻木久仁子さん、

前田真理子さん、山本モナさんがいます。

なんだか知的な人ばかりですね!

 

大学卒業後、「ぴあ」に入社し、1990年代初頭にフリーの編集者となっています。

 

湯山玲子さんの公式サイトを見ると、

著作がたくさんあるのがわかります。

しかも、一冊の本の紹介文がなが〜い!!

さすが、編集長、作品紹介もじょうずですわ。

 

「ぴあ」とは、

なんかチケットを売っているイメージですけど、

本も売っているんですね!

 

「ラーメンぴあ 2018 首都圏版」とか、「スーパー銭湯 BEST 首都圏版」とか・・・

その中でも、

気になった本が、

「山田全自動でござる」 著者:山田全自動

日常のふとした瞬間に感じる喜怒哀楽、違和感といった“あるあるな光景”を浮世絵調のイラストと、微苦笑を誘うコメントで綴る“現代の浮世絵師・山田全自動”。シュールな世界観にハマる人続出の、全自動ワールドから厳選した100作品(うち、描きおろし30作品)を書籍化

引用:秋をめいっぱい楽しもう!ぴあのMOOK・書籍発売最新情報 part1|ぴあ株式会社

日常のことを浮世絵調なイラストで描いてあるっていうのもきになるし、

浮世絵師なのに、”山田全自動”

山田善次郎ならわかるんですけど・・・・

 

これ、気になるから、買ってみようかなあ。

 

湯山玲子さんは、こういった雑誌などの編集なども行なっていたのですね!

 

湯山玲子さんの本の中で気になるのは、

『喝!迷える女子の人生相談』

なんせ、迷える女子、迷える子羊なんで。

わたし・・・・・・

 

Amazonでも買えるので、気になる方は、ぜひ。

湯山玲子さん本は、なかなかスパイスが効いているものが多いらしく、

その中でも、この本はライトなようですが、

それでもいうことははっきりと言っているようですよ!

 

次に気になってくるのは、

アラフォー女子の私、『四十路越え』でしょうねえ・・・・

 

どんどん適した本が出てくる出てくる。

サイトを見ると、とても詳しく作品紹介がしてあるので、サイトを読むだけでも

面白いですよ。

ぜひ読んでみてください!

 

フリーの編集者となった湯山玲子さんは、雑誌や単行本の編集、

執筆に加え広告のディスカッション、プロデュースも行なったということです。

 

そうか!

広告のディスカッションもしているから、著書の紹介も上手なんだ!!

なるほど!!

 

あと、気になったのが、自らが寿司を握るユニット、「美人寿司」の主宰。

美人寿司って何??

『美人寿司の夜』のサイトには、

出典:美人寿司の夜

・・・・よくわからない。

 

振袖を着た人が、寿司を握るパフォーマンスなのか??

きっとそれは美人な人なんでしょう。

振袖美人が握る寿司。

そりゃ美味かろうて・・・・

 

世の殿方たち、気になりますでしょう??

 

・・・・実は、湯山玲子さんが握ってるっぽい。

 

美人寿司。

自ら名付けたネーミング・・・・・

 

まあ良しとしましょう。

湯山玲子の父の代表曲?

湯山玲子さんのおとうさま、

実はすごい方なのです。

日本の作曲家で、東京芸術大学の音楽部作曲家に在学中に、

NHK・毎日新聞社共催の音楽コンクール(現在の日本音楽コンクールです)

に「ヴァイオリン小奏鳴曲」で第1位次席、

そして、1954年には、弦楽四重奏曲」で第2位と連続して入賞し、注目を浴びています!

 

そして、社団法人、日本童謡協会会長、社団法人日本音楽著作権協会評議会議長を歴任

していたんですよ!!

2003年には、旭日小綬章の授与されています。

代表作はなにかな〜〜と思って、探したんですが、

なにぶん曲が多い!!!!

 

選ぶとすると、

「あめふりくまのこ」

「おはなしゆびさん」

ですかね〜〜。

 

聞いたことありますか?

あめふりくまのこ

おはなしゆびさん

 

きいたことありますよね!

これが 湯山玲子さんのお父さんの作った歌です!

すごいですよね〜〜。

 

誰しもが通る歌ですもんね。


スポンサーリンク


湯山玲子のファッションや髪型とは?

湯山玲子さんは、ファッションについて、こう言っています。

ファッションは自己主張の反面、外に自分を出していくためのサービス的なコミュニケーションでもあるのです

引用:四十路の女の生き方伝授・湯山玲子さん(3)「ブスだけどカッコいい」 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

洋服がコミュニケーション。

確かにそうですよね!

 

大切な人と会うのに、汚い服を着ていくと失礼だし、不快感を与えてしまうかもしれない。

洋服がその場の雰囲気を作るってこともありますしね!

例えば結婚式のパーティーとか。

そう言った意味では、コミュニケーションではありますよね。

でも、服に関していうと、湯山玲子さんはこうも言っているのです。

具体的に言うと、女性の印象って髪形と化粧で決まる。服は二の次、ファストファッションでいいんです。

引用:四十路の女の生き方伝授・湯山玲子さん(3)「ブスだけどカッコいい」 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

ファストファッションでいいんだ!!

服にこだわっていた私!!

そして太って入らなくなっていた私!!!

わたしってば!!!

 

湯山玲子さん自身は、服の値段にはこだわらない人のようですね。

 

でも、髪型に関してはかなりこだわっている様子です。

髪形に関しては超重要で、周りを見た時にすてきな髪形の人がいたら、その人の担当美容師がいる美容室に行った方がいい。そして、その人に全部お任せにしてみる。それが一番、費用対効果が高いですね。

引用:四十路の女の生き方伝授・湯山玲子さん(3)「ブスだけどカッコいい」 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

今の髪型も、かなりこだわっていらっしゃるのかもしれません。

たしかに、いつも素敵な髪型をしてらっしゃいます!


髪型と化粧・・・・こだわろうっと。

 

まとめ

今回は、湯山玲子さんについて取り上げて見ました!

たくさんの著書もあるので、一度読んで見てください!

 

そして、女は服じゃないわ・・・・

髪型と、化粧よ・・・・(ブルゾンちえみ風)

 

でした!

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!


スポンサーリンク