シニフィアン シニフィエのオススメのパンはなに?どこで買える?


スポンサーリンク


9月19日に放送される、セブンルールで、

取り上げられる塚本久美さん。

「ヒヨリブロート」という工房でパンを作っておられるそうです。

 

この塚本久美さんのパン、商品が届くまで1ヶ月半待ちだそう。

 

そんな塚本久美さんが修行したのが、「シニフィアン シニフィエ」

7年間も修行したそうです。

その努力があって、今の塚本久美さんがあるわけだと思うのですが、

修行したところのパンの技術もすごいんじゃないかと思うのです!!!

 

今回は、その、「シニフィアン シニフィエ」のオススメのパンや、

どこにお店があるのか。

また、シニフィアン シニフィエのシェフ、志賀勝栄シェフについても

調査していきたいと思います!

シニフィアン シニフィエはどんな店?

 


シニフィアン シニフィエとは、どういった意味なのでしょうか?

それは、フランス語の哲学、言語学の用語に由来するそうです。

シニフィアンはフランス語で同士の「意味しているもの」

「表しているもの」という意味。

シニフィエは、同じ動詞の過去形で、

「意味されているのも」「表されているもの」

という意味だそうです。

難しい・・・・

結局、どういう意味???

 

哲学なのでしょうか??

 

アホな私にはわかりません・・・・

 

そんなオシャレな名前の

「シニフィアン シニフィエ」

どんなお店なのでしょうか?

2006年に志賀勝栄シェフがオープンさせたパン屋さんです。

志賀勝栄シェフは、パン好きの人の間では知らない人はいないほどの

パン職人さんだそうです。

 

そんな志賀勝栄シェフが、長時間発酵によるこだわりの

パン作りをしているのが、この

「シニフィアン シニフィエ」

素材はそのままで美味しいと思えものを厳選して使用しています。

特に小麦をはじめとする粉は、

生地の骨格を担い風味や味の大きな要素

であり、多種多様な子なの特性を生かし、

それぞれのパンに求める最高の組み合わせで

配合します。

酵母の発酵力だけに頼らず、長時間発酵により素材の力、

美味しさ、風味をじっくりと引き出します。

記事が発酵する際に醸された様々な香りが含まれるガス(気泡)

を積極的に残し、パンの味わいにつなげます。

また、オーブンはレンガを積み上げて作られた、

石窯のような効果もある特性ガス窯を使用しています。

熱循環、蓄熱性がよく、ガスの炎によって美味しさと水分をしっかりと

封じ込めます。

シニフィアン シニフィエのサイトより引用

 

読んだだけで、美味しいことがわかります!

かなりこだわったパン作りをされていますね!

そのままでも美味しい素材が、混じり合って

一体どんな美味しさを作り上げるのか・・・

 

考えただけで、よだれが出そう!

 

また、現在は、オープン当初から作り上げたパンを見直し

さらに高みを目指しているそうです。

 

名前の通り、哲学的なのでしょうか。

 

これは美味しくないはずがないですね!

 

シニフィアン シニフィエの志賀勝栄シェフについて調査!

志賀勝栄シェフは、1955年に新潟県に生まれました。

大学城受験を機に上京され東京で初めて食べたバケットの

味が忘れられなかったそうです。

 

もともと実家が農家だった志賀勝栄シェフ。

ものを作るのはなんとかなるだろうと考え、

パン職人として働き始めたとか。

 

志賀勝栄シェフ、意外なことに子供の頃は、

パンが大嫌いだったそうです。

志賀勝栄シェフにとって、パンとは給食のコッペパンで、

美味しくなくて嫌いだったそうです。

 

確かに、給食のパンは美味しくなくて、私も嫌いでした・・・

(給食関係の方、ごめんなさい!)

私の学校の給食のパンは、食パンで、

焼くこともできず、そのままモサモサ食べてました。

だから、私もパンが嫌いでした・・・

 

大人になってから、美味しいパンを知りましたけどね(笑)

 

志賀勝栄シェフと同じだ〜!

 

パンの美味しさを知った志賀シェフは、休日を利用して通った研修先の師匠について

株式会社アートコーヒーに移籍されました。

12年勤めた後、東京の代官山の「カフェ アルトファゴス」

で日本では珍しかったベーカリーかでの立ち上げに参加されたそう。

 

その後、2000年に株式会社ユーハイムに入社し、シェフブーランジェをしていたそう。

シェフブーランジェとは、「パン職人」という意味のフランス語だそうです。

そして、2006年にシニフィアン シニフィエをオープンされたのです。


スポンサーリンク


 

シニフィアン シニフィエのオススメのパンは?

シニフィアン シニフィエには、29種類のパンがあります。

店舗によって、限定のパンなどもあるそうです。

例えば、世田谷店では、

週末に限定のあんぱんもあるそう!

今月は桃と白あんです。

美味しそう!!

たくさんあって、人によって好みも違うので、

オススメはこれ!!!

とは言いにくいのですが、

シニフィアン シニフィエのサイトに行くと、それぞれの特性を

説明してくれています。

シニフィアン シニフィエのサイトはここ!

 

私は、あんぱんがオススメです!!

こだわりのパンに、こだわりのあん。

美味しくないはずがないです!

 

お取り寄せもできます!

お取り寄せの一番人気は、

「オススメパンセットM」

だそうです。

 

これを買うと、シニフィアン シニフィエのオススメがわかるので、

一番いいと思いますよ!

 

 

シニフィアン シニフィエの店舗はどこに?

シニフィアン シニフィエには、

世田谷本店、日本タカシマヤ店、玉川タカシマヤ店

の3店舗があります。

 

世田谷店の住所は

東京都世田谷区下馬2−43−11 COMS SHIMOUMA1F

日本タカシマヤ店は、日本タカシマヤの地下1階、

玉川タカシマヤ店も、地下1階にあります。

 

地方に住んでて、行けないわ〜〜!!!

 

という方も大丈夫!!

お取り寄せがあります!

シニフィアン シニフィエのサイトに、お取り寄せの情報があります!

現在は、5日もあれば届きますが、セブンルールが放送されたら殺到しそうですので、

早めがオススメです。

 

まとめ

志賀勝栄シェフのこだわりのパンが味わえる

「シニフィアン シニフィエ」

お取り寄せもできるので、絶対味わってみましょう!!

 


スポンサーリンク