ガブリエル・デールマンの男の様な筋肉が凄い!曲やコーチを調査!


スポンサーリンク


美桜

フィギュアスケートって綺麗だよね〜〜

私もジャンプとかやって見たい!

今回は、グランプリシリーズ中国杯で首位のガブリエル・デールマンさんについて調査するよ!

すごく綺麗な人だけど、筋肉が男の人並みに凄いっていう噂!

本当なのかな・・・?

あと、曲のセレクトや、コーチについても調査します!

ガブリエル・デールマンのプロフィール

ガブリエル・デールマンさんは、グランプリ中国杯で70.65点で首位!

日本勢負けてるんだよ〜〜(涙)

でも、オリンピックでは負けないよ!!

 

ガブリエル・デールマンさん、とっても綺麗な人なんだよ〜〜

それでは、プロフィールについてご紹介しますね!!

綺麗な人だよね〜〜!

名前:Gabrielle Daleman (ガブリエル・デールマン)

生年月日:1998年1月13日

出身:カナダトロント

身長:155cm

体重:46kg

所属クラブ:Richmond Training Centre

出典:ウィキペディア

ガブリエル・デールマンさんは、4歳からスケートを始めています。

ガブリエル・デールマンさんの特徴は、全身のバネの強さだそうです。

ジャンプは、パワフルな「3回転トウループ+3回転トウループ」が見どころの様です。

 

猛スピードの助走から思い切りよく踏み切ると、男子顔まけの飛距離を見せます。

また、切れ味のある3回転ルッツも特技技で、女子の中では屈指の高さを誇るそうです。

2016-2017シーズンは、3T+3Tを跳んだほぼすべて試合のSP,FSとも全員がGOE「3」満点をつけるほどである。

3Sシークエンス2Aのシークエンスジャンプでは、降りた足でそのまますぐ2Aを跳ぶというシークエンスジャンプ特有の間がほぼない高度なテクニックを取り入れている。

出典:ウィキペディア

満点ですよ!!

ジャンプで!!

これは、手強い相手ですね!

さすが1位です。

 

4歳からスケートを始めていますが、ガブリエル・デールマンさんには弟さんがいて、弟さんガブリエル・デールマンさんの影響で、スケートを始めているそうです。

 

自己ベストは。、17年国別対抗戦で、214.15

SP自己ベストは、16年フランス杯で、72.70

FS自己ベストは17年国別対抗戦で、142.41

です。

いずれも高い得点ですね!

2012-2013シーズンで、ジュニアグランプリシリーズに出場し、カナダ選手権で世界ジュニア選手権ではシニアクラスに初出場で銀メダル!!

世界ジュニア選手権では6位でした。

2013-2014シーズンでは、ジニアグランプリシリーズノバルティック杯で銅メダル。

カナダ選手権では2年連続の2位で、ソチオリンピック2016-2017シーズンでは、代表が決まりました!!

2014-2015シーズンでは、ジニアクラスへ移行し、スケートカナダオータムクラシックで国際大会初優勝!!

カナダ選手権では初優勝!!

2015-2016シーズンでは、カナダ選手権で銀メダル!しかし、怪我に苦しんだ年でもありました。

2016-2017シーズンでは、ネーベルホルン杯で3位に入り、GPシリーズではスケートアメリカでSP・FS共に4位!!

総合でも4位となり、GPシリーズの自己最高順位を更新しました!!

 

二度目の挑戦となった四大陸選手権では、パーソナルベストを更新し、銀メダルを獲得!!

世界選手権では銅メダルを獲得し、絶好調です!!

 

ここ数年のカナダ選手権では、ケイトリン・オズモンド選手、アレーヌ・シャルトラン選手と上位3位争いをしています!

 

しかも!!

モデルさんの様に美人なんですよね〜〜

 

 

 

エキゾチックな感じで、すごく綺麗〜!!

身長は低いんですけど、全体のバランスがいいので、そうは思えない!!

スタイル抜群です!!

 

 

ガブリエル・デールマンの筋肉画像がすごい?!

これ見てください!!

すごい筋肉!!

やっぱり、ダイナミックなジャンプを見せるためには、

筋肉が必要なんでしょうね!

でも、重くなったら飛べないので、きっと考え抜か抜かれた筋肉なのだと思います!

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク


ガブリエル・デールマンの曲のセレクトや、コーチについて!

2017-2018シーズンの曲は、

SPは、カルメン

FSは、グラディエータ ラプソディ

です。

振り付けは、どちらもローリー・ニコルさんです。

ローリー・ニコルさんとは、ずっと組んでいるため、ガブリエル・デールマンさんの特徴をよく掴んだ、素晴らしい振り付けです!

カルメンの力強さがよく出ていますね!

雰囲気満点です!

 

今のコーチは、リー・バーケルさんと、ブライアン・オーサーさんです。

ブライアン・オーサーさんは、カナダ出身で、1984年サラエボオリンピック、16988年カルガリーオリンピックで男子シングル銀メダリストです。

当時男子では最高難易度のジャンプだったトリプルアクセルを美しく安定して飛ぶことができる数少ない選手だったため、

「ミスター・トリプルアクセル」

と言われた人です!

コーチとしては、キム・ヨナを2009年世界選手権及び2010年バンクーバーオリンピックで金メダリストに導いた実績があります!

これはすごいことですよ!

日本にも縁があって、2014年に羽生結弦選手のコーチを務め、2014年ソチオリンピックで金メダルに導いています。

これはすごいコーチです!!

 

ガブリエル・デールマンさんは、ジャンプに定評がありますから、このコーチはぴったりですよね!

これは、平昌オリンピック、やばいですよ!

まとめ

GP中国杯で首位のガブリエル・デールマンさん。

ジャンプに定評があり、ダイナミックな演技が素晴らしいです!

 

これは、日本勢にとって、すごい強敵です!

 

ガブリエル・デールマンさんに、これからも注目ですね!!

美桜

ここまで読んでくださって、ありがとうございました〜!


スポンサーリンク