長野峻也が弱いと批判?筋トレ方法や年収がヤバい?経歴が気になる!


スポンサーリンク


護身術って気になりますよね!

私は、実は少し習ったことがあるのです!

看護師だった私は、看護師なりたてだった時に、知り合いの警察官志望の子に護身術をならいました。

簡単に腕を掴まれたら離せるっていうやつだったんですけど。

そしたら、それが活躍する時が来たのです!!

 

夜勤をしていて、若い患者さんに腕を掴まれて、ベッドに連れ込まれそうになったのです!

私は護身術を習っていたので、華麗に腕を離し、先輩に報告!!

次の日の朝までその患者は放置!

そして、次の日、師長さんに報告したのでした・・・

あの時、護身術がなかったら、私の乙女がピンチでした。

 

そう言ったわけで、今回は、護身術の長野峻也さんを調査します!

ネットで検索すると、弱いだの、批判だの出てくる・・・・

なんで?

そして、ちょっと得体のしれない長野峻也さん・・・

年収はどれくらいなんでしょう?

また、筋トレというキーワードも出てくるのですが、筋トレがすごいのでしょうか?

気になって仕方ないので、調べてみましょう!

長野峻也さんの経歴や、出身高校、大学は?

それでは、謎の人物、長野峻也さんについて調査したいと思います。

どうしてこのような道に入ったのでしょうか?

気になることだらけです!

それでは参りましょう!

名前:長野峻也 (ながの しゅんや)

生年月日:1963年2月1日

出身地:熊本県天草市

出典:ウィキペディア

なんでも、中学生の時から、国内外の様々な武術や心身開発法を実践研究していたそうです。

中学校の時からってすごいですね。

日本や中国をはじめとする東洋の武術や健康法、伝統舞踊等を実践研究し、“心身機能開発法”としての観点と“交叉法”の追究から特定の流派に限定されない普遍的技法を整理再編成した上で体系化し“游心流武術健身法”を1999年9月に創始し指導研究の日々を送る。

出典:游心流武術健身法 | 游心流とは?

心身機能開発法って気になります!

心も体も機能を高めていくってことですよね!

 

『游心流武術健身法』ってなんでしょうか?

長野峻也さんのサイトがありましたので、ご紹介します!

「游心流」という流派は、私が日本や中国の伝統武術に、舞踊身体訓練法健康法等の身体観を導入して新しく編成したものです。

武術というものは格闘技や現代武道とは違って、護身術であると同時に健身術であり、また心身機能開発法として近年は注目されてきています。

私は、伝統的な武術は東洋の身体文化として優れた価値を持つものだと思っています。現代武道や格闘技は社会体育・スポーツとして認知されていますが、武術はあくまでも文化として理解しなければ無意味であると思っています。

ですから、游心流は文系人間のための、身体を使って身体智を深めていくものとして創られたものです。従来の武道観・格闘技観を持ったまま游心流を学んでも時間とお金の無駄遣いにしかなりません。体育会系の「強くなりたい」という願望の人は他所の道場に行かれることを心からお勧めします。

游心流が目指す理想の人間像は、「70歳で達人と呼ばれる業師」です。

出典:游心流武術健身法 | 游心流とは?

なるほど!

護身術であると同時に、健身術ということは、健康にもいいのでしょうか?

強くなりたいというものではないようですね。

心と体と知識を深めていくものということですね。

 

なかなかよさそうですね〜〜

精神的にも鍛えられるんでしょうか?

 

気になります!

 

著書もたくさんあります。

『中心を求めて』壮神社
『不二流体術』(解説文担当。壮神社)
『あなたの知らない武術のヒミツ』 (アスペクト)
『DVDで見て学ぶ 基本を極める! 空手道実践トレーニング』(解説文担当。永岡書店)
『DVDで見て、学ぶ 身体づかいの理を究める!実践合気道入門』(解説文担当。永岡書店)
『誰も知らない武術のヒケツ』 (アスペクト)
『そこが知りたい武術のシクミ』 (アスペクト)
『もっと知りたい武術の極意』 (アスペクト)

出典:游心流武術健身法 | 游心流とは?

その道では、結構有名な方のようですね。

 

 


スポンサーリンク


長野峻也さんは弱いの?なぜ批判されるの?

長野峻也さんと検索すると、『弱い』『批判』と出ます。

なぜなのでしょうか?

游心流武術健身法を調べると、ただ単に強ければいいってものじゃないと言ってらっしゃると思うし、批判されるようなこともないと思うのですが・・・

きっと、ちゃんと理解してない人が、検索したのでしょうね。

 

武術の動画をご紹介します!

これで確認としましょうね。

 

 

これは、世の女子たちは知っておいたほうがいいかもしれませんね!

いつ襲われてもいいように!

 

長野峻也さんの年収はどれくらいなの?

長野峻也さんの年収はどれくらいなのでしょうか?

実際に長野峻也さんに稽古をつけてもらえるようです!

本部稽古会は、入会金10000円、指導料2000円

月例セミナーは、毎回テーマを絞って講習および練習が行われます。

費用は、通常10000円、会員5000円です。

そのほか、シダックスカルチャークラブでも教室を持っていらっしゃって、

 

武術で護身術 第1~4土曜日 15:30~17:00 5,040円/(月4回)
武術で護身術 第1・3クラス 第1・3土曜日 15:30~17:00 2,520円/(月2回)
武術で護身術 第2・4クラス 第2・4土曜日 15:30~17:00 2,520円/(月2回)

出典:游心流武術健身法 | 游心流とは?

です。

結構リーズナブルな値段設定ですよね。

しかも、飲み物サービスまであるらしいですよ。

 

これと、出版物の売り上げが年収になりますよね。

とすると・・・・・

生徒さんが100人いるとして、

2520×100=252000円

これを年に換算すると、

252000×12=3024000円

だいたい300万から400万円くらいですかね。

 

もっと料金とってもいいのにと思いますが、良心的な方なのですね。

私はお金さえ払えば何でも教えるという商売をやっている訳ではありません。“武術”を指導するということは、場合によっては教えた人の人生を左右してしまうかも知れない側面が有る・・・と、そう考えています。どうぞ、この点は最低限、御留意ください。

出典:游心流武術健身法 | 游心流とは?

すごくしっかりした方ですね!

信頼できます!

お金じゃなくて、本当に必要な指導をしたいということなんでしょうね!

 

 

 

長野峻也さんの筋トレ方法がすごい?

長野峻也さんの検索をすると、筋トレと出ます。

筋トレがすごいのかな〜〜と思ったら、違いました。

筋トレに対する考え方が、独特でした。

俺はいつ死んでも本望だ・・・という達観をしている人なら、それでも構わないでしょう。が、健康になろうと考えているのなら、猛練習は考えるべきです。

私も一時期は、かなり限界に近いと思えるくらい猛練習をやっていた時期もありましたが、結局、今はほとんどやらなくなりました。

ほどほどのトレーニングでないと、無理して鍛えても身体が強くなったりはしないのだと思うようになったからです。

十数年、いろいろな流儀の人達に武術の指導をしてきましたが、長年頑張っている人が必ずしも身体的に優れているとは言えないことにも気づきました。

肉体の条件に頼らない技を工夫するようになったのも、私が30過ぎてから武術の可能性に開眼したからです。それは肉体の力に頼るのが武術ではないと確信したからです。

むしろ、「これまで金科玉条のように言われてきていたことは、実は根拠がないのではないか?」と考えたからです。

事実、重心移動によって発生する威力を用いるようになってからは、「筋肉を鍛えることには意味がない」と考えるようになりました。

となると、「ハード・トレーニングは意味がない」という結論になります。

トレーニングというと、“筋肉を鍛えて太くする”ということばかり求めてしまいますし、「基本はランニングだ。走って心肺機能を高めるんだ」という考え方も、中年以降の人間には問題があります。

どうも、何か肉体に付け足すことばかり求め過ぎているのではないでしょうか?

私は、逆に、余計なものをそぎ落としていった方が、人間本来のもっとも自然な能力が発揮できていいのではないか?と考えるようになりました。

出典:長野峻也ブログ トレーニングについて思うこと・・・

なるほど・・・・

私は筋トレが苦手なので、いらないものを削ぎ落としたいですね!

でも、脂肪も落ちてくれるかな・・・・

 

そんな感じで、筋トレがすごいんじゃなくて、筋トレは意味がないと言われているのです。

これも、ご自分で開発なさった游心流武術健身法に基づく考え方なのでしょうね!

 

まとめ

長野峻也さんの経歴もさることながら、武術に対する考え方も素晴らしいと思いました。

お金の問題じゃなくて、教えないほうがいい人には教えないという姿勢も素晴らしいし

独自の考えを貫いてらっしゃるのも尊敬できます。

筋トレはしてらっしゃらないようですが、心身ともに、独自の鍛え方をしてらっしゃいますね!

年収も、もっとあげられそうですが、講習はリーズナブルです。

これなら私も習いたい!!

美桜

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!


スポンサーリンク