甲斐みのり(パン)の年齢や結婚などの経歴は?著書やグッズ販売も!


スポンサーリンク


こんにちは!美桜です!

地元パンを食べ歩いた女性として紹介される甲斐みのりさん。

 

地元パンって、地元に行かないと食べられないから、全国旅したのでしょうね!

今回は、甲斐みのりさんの年齢や結婚などの経歴、

著書やグッズの販売もしてらっしゃるようなので、それらをご紹介しましょう!

甲斐みのりさんの経歴は?結婚や年齢を調査!

 

それでは、甲斐みのりさんの経歴を見て見ましょう!

甲斐みのりさんは、地元パンだけではなくて、

「はじめましての郷土玩具」や「東海道新幹線 各駅停車の旅」

などの著書もあるくらい、歴史がありながら今も受け入れられる「かわいいもの」や「よいもの」を紹介したりしています。

パンだけじゃないんですね。

甲斐みのりさんをけんさくすると、えらい色々出てくるので、

「同姓同名い多いなあ・・・」

と思ったら、全部同じ人でしたw

 

それくらい、たくさんのことをしておられます。

それでは、

プロフィールをご紹介します!

 

名前:甲斐みのり

生年月日:1976年

出身大学:大阪芸術大学文芸学科

甲斐みのりさんは、地元パンだけじゃなく、

いろいろなことをやっているので、

わかりにくいので、エッセイスト

もしくは文筆家と名乗っているそうです。

 

1番の仕事は、本を書くことなのだそうです。

 

パンを食べることではないのですねw

パンを食べるのは、たくさんあるいろんなことのうちの一つのようです。

 

本を書くことを中心い、カルチャスクールやイベント、

トークショーなど人前で話すこともあるようです。

 

本を書くようになったきっかけは、大阪芸術大学時代にあるようです。

大学時代、周りの同級生が就職活動の時期になっても、

活動をして居なかった人が多かったそうなのです。

 

それで、甲斐みのりさんは、自分自身がどのように就職活動をしたらいいのか、

自分が何をすべきなのか、さっぱりわからない状態で、

弱気になっていたそうです。

 

しかし、自分を見つめてみると、

本を書きたいという気持ちがずっとあって、

それは変わってないことに気づいたそうです。

 

だから、本を書くためになにか行動をしなければならない!!

と思い立ったそうです!

 

そして、スケッチブックを買ってきて、「言葉」で埋めて言ったそうです。

自分の好きないろいろな「ことば」や、「好きなもの」などなど、自分の好きなもので埋めて言ったんだそうです。

マインドマップみたいなものですよね。

 

そうしたら、迷いが消えて、

まだまだ知らないものがいっぱいあるかもしれないと

思うように変わって言ったのだそうです。

 

子供の時から、勉強が嫌いで、国語は好きだけど、数学は苦手。

できることとできないことがはっきりして居たそうです。

 

私と同じw

 

ご両親は、そのことで怒ることはなく、本はたくさん買ってくれたそうです。

好きなことを伸ばそうとしてくれたんですね。

 

甲斐みのりさんは、本は小説よりもエッセイが好きで、エッセイをよく読むのだそうです。

だから、エッセイが書けるのですね。

 

パンについて詳しくなったのは、10年前くらいから、

自分で全国を、いろいろなパンを取集して居たのだそうです

パンもいろいろ時代に反している箇所があって、いろいろ悩んだそうです。

以前。角砂糖屋さんを、可愛いお取り寄せという本で紹介した時に、涙ながらに連絡があって、

「今、角砂糖が悪いって言われるような時代の中でご紹介していただいてうれしい」

と言われたそうです。

今回出版された、「地元パン手帖」の中に掲載されているパンのお店のほとんどは、

昭和23年頃から30年代に創業していて、

戦後の戦後の日本のパン職を支えてきたパン屋さんばかりなのだそうです。

 

以前、みうらじゅんさんにインタビューした時に、

「ガラクタのようなものも、100年経てば民俗学だ」

と言われて、甲斐みのりさんの中でも、

食の本を作っているというよりは、

民俗学的な本を作っている感覚なのだそうです。

だから、パンを大切に紹介されているのでしょうね!

 

今は1999年から、「女性の永遠の憧れをかたちにする」「情緒あるものつくり」というテーマのもと、Loule Loule(ロルロル)という名の雑貨ブランドを作っておられます。

 

結婚に関しては、情報がなく、わかりませんでした!

マツコの知らない世界で判明したら、おしらせします!

ねこちゃんとは暮らしているみたいですw

 

甲斐みのりさんの著書は何がある?

 

著書は30冊にわたるそうです。

基本的には、文筆家、エッセイストなので、本はたくさんあるようです。

雑誌に寄稿しているのもあるので、合わせると30冊くらいあるそうですからね〜〜

 

基本的に、雑貨屋、お土産などの本が多いようです。

こういう本って、読んでいるだけで楽しいですよね!

「全国かわいいおみやげ」とか、

「衣・食・住 暮らしの雑貨帖〜ずっと愛したい、私のお気に入り〜」

とか、面白そうです。

 

アマゾンに行けばたくさんありますので、見てみてくださいね!

 

 

 


スポンサーリンク


甲斐みのりさんが取り扱っているグッズは?

Loule Loule(ロルロル)という名の雑貨ブランドで、甲斐みのりさんの選んだグッズが買えます。

私が気になったのは。顔パンブローチ!

可愛いのですよ〜〜

また。甲斐みのりさんとUCHU wagashiのコラボの落雁!!

リボン、富士山、ちどり、ねこ、こけし型になってます。

 

すごい可愛い〜〜〜

 

あとは、地元パンプレート

長年愛されてきたパンのキャラクターやロゴを、パッケージから絵皿にしています。

山崎のパンのキャラクタとか、すごく可愛い!!

これにパンを置いて、食べたら最高ですね!

地元パンのマグカップもありますよ!

これも、すごいかわいい〜〜〜

これで飲み物飲みながら、地元パンのお皿でパンを食べる・・・・

 

幸せですね!

 

 

まとめ

今回は、地元パンを愛する、甲斐みのりさんについてお伝えしました!

地元パンで知られていますが、じつはエッセイスト、文筆家なのだということもわかりました。

面白いものをたくさん集めている甲斐みのりさんの書く本は、写真もいっぱいあって面白いです!

おすすめなので、是非一冊お気に入りを見つけてみてくださいね!

 

これから、旅行先でパンを見つけるのが楽しみになりそうです!

美桜

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!


スポンサーリンク