吉住晴斗の経歴!契約金や成績が凄い?出身中学や両親を調査!


スポンサーリンク


こんにちは!美桜です。

今回は、ソフトバンクドラフト1位の吉住晴斗さんについて調査します!

ドラフト1位だなんて、すごいことです!

これから大活躍間違いなし!

吉住晴斗さんの契約金って、いくらくらいだったんでしょう・・・?

また、高校時代の野球の成績や、出身中学などの経歴ご両親について調査します!

吉住晴斗さんの出身中学などの経歴は?

それでは、ソフトバンクドラフト1位、吉住晴斗さんについて調べて見ましょう!

 

名前:吉住晴斗

よみかた:よしずみ はると

生年月日:2000年3月12日

出身地:山形県鶴岡市

身長:185cm

体重:85kg

投打:右右

所属:鶴岡東高校

 

寸評として、

恵まれたサイズを生かして投げ下ろす最速149キロの直球を軸にスライダー、カーブ、チェンジアップを操る。

出典:吉住晴斗プロフィール-スポーツナビ

 

 

とあります。

確かに、身長がすごく高いですよね!

やっぱり身長が高い方が、球を投げるときに高い位置から投げれるから、いいんでしょうね!

スピンの効いたストレートには角度があって、投手としての資質が非常に高いと注目されています。

 

吉住晴斗選手。

もちろんソフトバンク1位指名なんですけど、

ソフトバンクはハズレに外れて、吉住晴斗さんを指名したんです。

だから、ちょっと注目されてたりしてw

 

でも、実力はあるんです!

ある意味、運が良かったですよね٩( ‘ω’ )و

 

すでに、149キロのスピードの直球が投げれます。

ですので、戦力になりますよね!

 

卒業した中学校ですが、

鶴岡第二中学校です。

その鶴岡第二中学校の軟式野球部に所属していました。

卒業してからは、地元の強豪校である、鶴岡東高校に進学しています。

1年生の秋からベンチ入りをしていて、2年生の春にすでに140キロを超えるボールを投げていたそうです。

 

やっぱりプロに入る人は違いますね!

 

 

吉住晴斗さんの契約金はいくらほど・・・?

吉住晴斗さんの契約金はどれくらいなんでしょう・・・・

調べてみると、指名挨拶済みとしか書かれていないので、

これから決まるのだと思います。

福岡ソフトバンクホークスの、他も選手を見てみると、

年棒1200万、契約金7000万とか

年棒800万、契約金4500万です。

ドラフト2位の人で契約金7000万ですから、それくらいもらえるのでしょう。

まだ高卒ですよ!

未成年!!

しっかりご両親に管理してもらってください!

 


スポンサーリンク


吉住晴斗さんの成績は?

高校での吉住晴斗さんの野球の実績はどうなんでしょう?

2年生の夏の大会は山形県大会を制し、

2年連続甲子園出場しています。

夏の山形県大会の成績は、全3試合17回投げていて、被安打9。奪三振12

失点6

と、活躍しています。

出場した甲子園では初戦敗退でしたが、

1イニングを完全に抑え、立派でした。

 

しかし、実はそこから甲子園に出場してはいないんです。

なのに、

山形大会初戦では、プロ5球団六人のスカウトが来るくらい、注目されていたんです!

実力は中学の時からあったそうで、

とにかく身体能力が高かった。野球はもちろんですが、例えば保健体育の授業でバレーボールやバスケットボールをやらせるでしょ。すると、バレー部やバスケ部の選手と遜色のないプレーをする。山形県には、将来の五輪選手を育成する『ドリームキッズ』というプロジェクトがあるのですが、吉住はそこの第1期生。ハンドボールで日本代表になり得る能力があると認められたくらいですから。身体能力はずばぬけていました」

出典:SBドラ1吉住晴斗は難関育成プロジェクト突破の超エリート (日刊ゲンダイDIGITAL) – Yahoo!ニュース

 

山形県教育庁スポーツ保健課競技スポーツ推進室が管轄する、

スポーツタレント発掘事業実行委員会によれば、

「ドリームキッズ」は狭き門のようで、

選び抜かれた子供がプロジェクトに参加できるようです。

 

倍率は17倍で、この難関を突破した小学生が5年間様々なプログラムを受講し、適正を判断されるそうです。

 

山形県はすごいですね!

スポーツに力を入れているんですね!

それが、スカウトの人にはわかるんでしょうか?

 

普通、甲子園で活躍した人がドラフトにかかると思っていましたが、

吉住晴斗さんは1回しか甲子園出ていませんからね。

スカウトの人が見たら、やっぱり違うんですね。

 

吉住晴斗さんの両親はどんな人?

吉住晴斗さんのお父さんは、英則さんといいます。

山形県庄内の、『氷友会』という団体の代表です。

 

『氷友会』とは、庄内各地の調理師で作る団体で、氷の彫刻などを作るそうです。

ニコギリやノミなどを使って、氷から鳳凰や蔓の氷彫刻を作り出すそうです。

そこの会の代表なんですが、まだ44歳。

じゃんけんで負けて代表を引き受けたそうです。

息子さんと違って、運が悪いのかな?

 

ということで、お父さんは調理師さんでした(^-^)

酒田市にある、天真学園高校の調理科を卒業し、東京の神田駿河台の

「山の上ホテル」という有名なホテルの洋食のコックさんとして働いていました。

この「山の上ホテル」は、文豪川端康成や、三島由紀夫が泊まったホテルとして有名です。

ここで3年間働いて、地元に戻ったあとは、結婚式場を経て、今は斎場で働いているそうです。

お母さんの真由美さんも、同じ高校の調理科を卒業した同級生のようで、

 

これは、もしや、高校生の時から付き合ってて、遠距離恋愛3年乗り越えて

結婚した感動のストーリー?

なんて私は勝手に想像を膨らましてしまうのですが、どうなのでしょうか?w

 

料理の上手なお父さんとお母さんに美味しいものいっぱい食べさせてもらって、

すくすくと185cmにまで育ったんですね〜

 

お母さんは母校の調理実習補助員として後輩の指導を手伝っているようなので、

学校では大騒ぎでしょうね!

「吉住さん家の子供さんがソフトバンクに!!」

って。

 

まとめ

ソフトバンクは、3回目の指名で吉住晴斗さんを獲得しました。

外れ外れで引いた選手ですが、将来は有望ですよ!

きっと活躍してくれると思います!

 

これからの吉住晴斗さんに注目しましょう!

早く1軍での活躍が見れますように!

美桜

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!


スポンサーリンク