野中生萌の経歴やカップを調査!タトゥーや私服画像も!身長は?


スポンサーリンク


プロクライマーの野中生萌さん。

2020年の東京オリンピックから、

正式競技となるスポーツクライミングで、

メダルを狙っています。

今回は、野中生萌さんの経歴や、身長

男性は気になるカップ

 

野中生萌さんと調べると、『タトゥー』と出てくるのですが、

タトゥーが入っているのか?

プライベートでの私服画像も調査したいと思います!

動画も載せてますので、お楽しみに!

野中生萌さんのwikiや、身長は?

それでは、東京オリンピックでスポーツクライミングでメダルを目指す、

野中生萌さんのwikiプロフィールをご紹介します!

一体何歳なのでしょうか?

なんだか若く見えますが・・・・

それではいきましょう!

名前:野中生萌

読み方:のなか みほう

生年月日:1997年5月21日

出身地:東京都

 

 

現在20歳ですね。

クライミングを始めたのは、野中生萌さんが9歳の時で、

お父さんが登山をしていて、

埼玉県川口氏の『PUMP1』という

クライミングのジムに家族で出かけたのがきっかけだそうです。

 

初めて入賞したのは、11歳の2008年で、JOCジュニアオリンピックカップという試合で、2位

その2年後にはなんと優勝!!

 

その時の感覚が忘れられず、もう一度!もう一度!と思って、続けてきたそうです。

 

負けず嫌いの性格で、大会に出場して負けると泣いていたそうです。

ですので、週3回の練習は欠かしたことがありませんでした。

幼少期にクラシックバレエと器械体操もやっていたそうで、柔軟性が生かされているそうです。

 

そして、13歳のとき、

2010年の第13回JOCジュニアオリンピックカップで優勝!

さらに、16歳の時には、日本代表に選ばれています。

 

2014年からボルダリングワールドカップにも参戦し、6月のフランス・ラヴァル大会で準優勝・

2015年中国、重慶大会でも準優勝を治めています。

 

お父さんがきっかけで始めたスポーツクライミング。

運命の出会いだったんですね!

 

センスがあったんだと思います。

 

2015年11月に行われたクライミング・アジア選手権では、見事優勝を果たし、アジアユース選手権も連覇しました。

 

今では、世界ランキング3位!!

日本でもっともメダルに近い選手と言えるのではないでしょうか?

 

普段の練習メニューは自分自身で作っていて、

クライミングの友達と課題を出し合いながら、

自分の限界に挑戦して行っているそうです。

筋肉がすごいのですが、筋トレは行なっていないとのことです。

 

筋トレを行わず、ひたすら6時間くらいは壁に登り続けているそうです。

 

それで筋肉がついていったわけですね!

それにしても・・・・

だれかコーチがいるわけではないのですね。

自分たちでメニューを考えていくんですね!

 

 

スポーツクライミングは、ボルダリングリードスピードという3種目に分かれていて、

ボルダリングはロープを使わずに縦横無尽に広がった壁を登っていくこと

リードとは、制限時間以内に到達できた高さを競うこと

スピードとは、登る速さを競うということ

です。

野中生萌さんは、ボルダリングで世界3位ということですね!

 

トータルでメダルを競うのですが、

野中生萌さんは得意のボルダリングで満点を取って、

上位に食い込んで、メダルを取りにいくと言っています。

 

やはり、上に登っていくのは恐怖心もあるそうなのですが、やはり

「上に登りたい!」という気持ちの方が大きくて、競技を続けているのだそうです。

 

野中生萌さんの身長は162cm

体重は53kgです。

クライミングには、高身長の方が有利と聞きます。

162cmは、私にとっては高いのですがw

 

世間様にとっては普通ですよね。

そんな中、世界の体格の違う海外の人と争って、3位というのはすごいと思います。

 

 

そして、握力はなんと50kg

同年代の女子の平均が28kgですから、ほぼ倍です!

やはり、手で体を支えて、持ち上げているから、握力が必要なんですね!

 

野中生萌さんの出身高校は、日出学園高校です。

日出学園高校といえば、芸能人が通うイメージなんですが、まあ、一般の生徒もいますもんね。

練習が忙しくて、出席に甘い日出学園高校を選んだのかもしれません。

しかし、それでも出席日数が足りず、通信制に切り替えたそうです。

 

やはり、大会とか、遠征とかで忙しいのでしょうね!

なんせ、強い選手ですから。

高校卒業後は、「TEAM au」という、KDDIがサポートするチームに所属しています。

auは、

いま、スポーツクライミングが熱い。
世界トップレベルの日本代表選手から手軽に楽しむ一般クライマーまで、
クライミングは年齢を問わず、日本で、そして世界で新しいスポーツとして注目を集めています。
スポーツクライミングを、もっと身近に。もっとメジャーに。
わたしたちauは、新たなチャレンジをはじめます。
世界で活躍するトップ選手で結成したTEAM auのサポート、
クライマーたちがもっと身近に楽しめるための情報発信、
そして、auがもつデジタル・通信テクノロジーを活かした新感覚体験。
観る人もやる人もワクワクするような「あたらしいクライミング体験」をauは次々と創出していきます。
スポーツクライミング大国ニッポンを目指して。

出典:au CLIMBING CHALLENGE | スポーツクライミング

 

auは、スポーツクライミングが普及するようにサポートしているのですね。

 

主な成績は、

クライミング・ワールドカップ 2017 (競技種別:ボルダリング) (2017)
マイリンゲン大会 3位南京大会 3位八王子大会 3位ベイル大会 3位ナビムンバイ大会 2位
第12回 ボルダリング・ジャパンカップ 3位 (2017)
クライミング世界選手権パリ2016大会 2位 (2016)
クライミング・ワールドカップ 2016 (競技種別:ボルダリング) (2016)
ミュンヘン大会 優勝ベイル大会 5位インスブルック大会 3位ナビムンバイ大会 優勝重慶大会 3位
第11回 ボルダリング・ジャパンカップ 3位 (2016)
THE NORTH FACE CUP Women’s Division1 優勝 (2016)
THE NORTH FACE CUP Women’s Division1 2位 (2015)
全日本ユース選手権 総合優勝 (2015)
ボルダリング部門 優勝リード部門 優勝
アジアユース選手権 優勝 (2015)
アジア選手権 優勝 (2015)
クライミング・ワールドカップ 年間ランキング 3位 (2015)
クライミング・ワールドカップ 年間ランキング 5位 (2014)
アジアユース選手権 優勝 (2014)
クライミング・ワールドカップ フランス大会 2位 (2014)

出典:TEAM au Members 野中生萌 | au CLIMBING CHALLENGE

です。

かなり優秀な成績ですね!

ボルダリングが得意ということですが、リードでも優勝経験ありです。

それでは、競技中の動画をどうぞ!



スポンサーリンク


野中生萌さんのカップ♡は?

殿方は、なぜカップを気にするのですか〜〜!

 

検索すると、『カップ』と出るので、気になって仕方なのでしょう??

 

調べてみましょう。

胸は、正直筋肉になっていると思います。

もしかしたらAカップくらいかもしれない・・・・

スポーツメインの方ですからね。

胸はない方がいいのかもしれませんよ。

 

野中生萌さんにはタトゥーが入ってるの?

野中生萌さんと検索すると、『タトゥー』と出てきます。

入っているの?

調べてみます!

View this post on Instagram

Three Asian rounds has ended 🇨🇳→🇨🇳→🇯🇵💨💨I feel like time flew so fast… Now, I'm tired a bit but I'm really happy to be able to stand on the podium once again here in my hometown, Tokyo! 😃💕💕 Of course I regret that i couldn't get to the top on second boulder but I already know the reason. So I will try to get even stronger for the next competition. Thank you for always supporting me! とうとう、アジア3連戦が終了しました。立て続けであっとゆうまの3週間でした。 少〜し疲れたけど、ココ東京で表彰台に乗ることができて本当に嬉しく思います!☺️❤️ もちろん2課題目を登れなかったのは悔しいですが、全体を見てもいいトライができたし、できなかった理由ももう分かってます。 あとは少しでも強くなれるよう努力して、次の大会まで頑張りたいと思います! 本当にたくさんの応援ありがとうございました!ファイナル前のオープニングで舞台に立った時の会場の雰囲気、観客の皆さんの熱気、最高だったな〜😆✨💛💛💛#climbing #bouldering #worldcup #hachioji #2017 #クライミング #ボルダリング #ワールドカップ

A post shared by NONAKA MIHO / 野中 生萌 (@nonaka_miho) on

View this post on Instagram

I miss this place😭💕

A post shared by NONAKA MIHO / 野中 生萌 (@nonaka_miho) on

この、背中のやつのことかな?

でも、レッドブルって書いてありません??

この写真では入っていません。

 

多分、協賛のメーカーのを書いたりするのではないでしょうか?

だから、タトゥーではないと思いますよ!

 

野中生萌さんの私服画像をチェック!

それでは、野中生萌さんの私服姿も見てみましょう!

プライベートも知りたいですよね!

View this post on Instagram

😜🤘🏼💜#redbull #worldrun

A post shared by NONAKA MIHO / 野中 生萌 (@nonaka_miho) on

カジュアルから、可愛い服まで、いろいろきこなしていますね!

 

でも、やっぱりカジュアルが好きなのかな?

似合ってますよね!

まとめ

9歳の時、お父さんたちと一緒に行った、

クライミングのジムをきっかけにスポーツクライミングを始めた野中生萌さん。

持ち前の負けず嫌いで、どんどん成長し、今では世界で3位です。

 

2020年東京オリンピックから正式種目となるスポーツクライミング。

もっともメダルに近い日本人なのではないでしょうか?

 

これからの活躍が楽しみです!

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます!

 

 

 


スポンサーリンク