小栗哲家の妻(嫁)や出身大学は?年収も調査!出身地や実家は半田?


スポンサーリンク


知ってました?

小栗旬さんのお父さんの小栗哲家さんは、舞台演出家らしいですよ!

小栗旬さんの演技のうまさは、お父さんの遺伝子の仕業もあるわけですね!

今回、イベントヴェートーヴェンの「第九」を1万人が合唱する大阪の師走の恒例イベントに、

ゲストとして小栗旬さんが参加しています。

この「サントリー1万人の第九」の舞台監督、お父さんの小栗哲家さんなんです。

お父さんは、

「ビックリしています。どのような顔をして打ち合わせしていいのか。気恥ずかしくて、は、は、はです。

しかしながら、少し心配です。

と言っていて、

小栗旬さんは、

「自分と同じ月日を生きてきている公演に、参加させていただけることに運命的なことを感じています。35回目の公演に少しでも花を添えられるように頑張りたいと思います」

と言っていました。

親子共演だなんて、素敵ですよね!

 

今回、小栗旬さんのお父さん、小栗哲家さんの出身地や実家が半田という噂があるのですが、

本当なのか?

また、妻(嫁)や出身大学年収などを調査したいと思います!

小栗哲家さんの経歴は?出身地や実家は半田?!出身大学も!

 

それでは、小栗旬さんのお父さんの、小栗哲家さんの経歴などに注目したいと思います!

名前:小栗哲家

よみかた:おぐり てつや

生年月日:1949年?月?日(非公開)

出身地:愛知県

出典:ウィキペディア

 

 

出身地は愛知県としかありませんが、愛知県には半田市があります。

ここが出身地になるわけでしょうか?

小栗旬さんの出身地は東京都の小平ですから、今は東京都に住居を構えていると思われます。

ですので、出身地や実家は半田、今は東京都ということになりますね。

 

小栗哲家さんは、舞台監督であり、日本舞台監督協会理事でもあります。

自分で会社を経営していて、株式会社アートクリエイションの代表取締役です。

 

お子さんは、小栗旬さんが次男、小栗了さんが長男です。

娘さんに麻梨さんもいます。

 

すごい遺伝子ですね!

長男の小栗了さんは、30歳まで俳優として活躍していましたが、

今はお父さんの会社に入っているそうです。

舞台監督の道を選んだんですね。

 

 

1972年から舞台監督として活動を始め、

1979年の関西二期会「アルバート・ヘリング」で

初めて舞台監督を務めています。

 

その後、ウィーン国立歌劇場、ミュンヘン・バイエルン国立歌劇場、

ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場などの引越し公演まで手がけています。

 

とんでもない経歴です!

現在、東京芸術大学大学院音楽研究科応用音楽非常勤講師や

兵庫県立芸術文化センター企画制作アドバイザーなどもしています。

 

出身大学なのですが、

調べてみると、名古屋市の名城大学だそうです。

 

舞台監督ですから、芸術系の大学を出ているのかと思っていましたが、意外すぎる!

理学系や電気電子、情報系、機械系などの強いそうですよ。

 

建築にも強いとありますから、それが唯一なんか舞台監督かな〜〜

って感じですね!

 

なんでも、最初はアパレルショップの店員として就職が決定してたそうなんですが、

当時学生運動の真っ只中で、就職が取り消し・・・・

 

知り合いに紹介された照明会社に就職しますが、違和感バリバリ。

そして2年ほどで退職・・・・

 

仕事もなくなり、路頭に迷っていた小栗哲家さんを、知人が

名古屋の市民会館で『セビリアの理髪師』ってオペラをやるんだけど、手伝ってくれないか?」と声を掛けられたんです。それが、オペラとの出会いでした。

そのときは舞台監督助手というよりも、雑用に近い仕事内容でしたが、公演を終えると、「オペラをやる気があるなら東京に来ないか?」と誘われたんです。

出典:24歳で会社を辞め舞台監督に転じた男の半生 | GQ JAPAN | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

という経緯で、舞台監督になって行ったそうです。

でも、当時はお金がなくて大変だったそうです。

給料は1万円で、家を借りるお金もなかったそうです。

 

そんななか、27歳の時に突然オペラの舞台監督をやってくれないか?と声がかかり、オペラの舞台監督に縁があるようになったそうです。

小栗旬さんが生まれた頃には、小栗哲家さんは、すごく忙しいらしく、小栗旬さん曰く、1年間に10日も休んでいないほど仕事をしているそうです

昔から家におらず、海外に行ったりと走り回っていて、

「俺の2倍は忙しい人」

と言っています。

それでも、尊敬できる人をお父さんと言っているそうなので、

休みの10日にしっかり息子たちと関わり、仕事の姿勢を見せてきたんでしょうね。

しっかり関わっていなかったら、

ほとんど会ったこともない父親のことを尊敬できないかもしれません。

それだけ、小栗哲家さんの仕事に対する姿勢は素晴らしいものなのでしょう。

 

小栗旬さんも活動的に俳優業をやっていますが、

お父さんの背中を見ているからでしょうね!

ライバルに、お父さんの名前を挙げているそうです。

 

小栗哲家さんは、オペラで一番大切にしているものを、

常に私は「音楽です」と答えてきました。そこに指揮者や作曲家の方たちは、「自分の音楽を大切にしてくれる人だ」と感じてくれたのかもしれません。

と言っています。

そう言った姿勢もみているのでしょうね。

 

 

小栗旬さんといえば、かなりのイケメンですけれども、

お父様のお顔はこちら。

あんまーり似ていないような気がしますね。

妻(嫁)はどんな方なのでしょうか?

男の子はお母さんに似ると言いますから、

お母さんがきっと美人に違いない!!

調べて見ましょう!


スポンサーリンク


小栗哲家さんの妻(嫁)は?

 

小栗哲家さんが、仕事の関係で愛知県から上京するにあたり、

当時妻は東京にいたらしく、

嬉しかったようです。

 

奥様の名前は、小栗昇子さんとおっしゃるようです。

写真で拝見しましたが、綺麗な方でした。

娘さんも写真に一緒に写っていましたが、美人!

すごい顔面偏差値の遺伝子ですね!

 

欲しい・・・

その遺伝子。

ちなみに、妻は、嵐のファンらしいですよ!

いつまでも若いですね( ^ω^ )

 

小栗哲家さんの年収はどれくらいなのでしょう??

小栗哲家さんの年収はどれくらいなのでしょう?

サイトによると、

経験によります。初めは平均16万円、17万円位ですが、経験を積んでアーティストやクライアントから信頼を掴んでいくにしたがってどんどん収入は上がっていきます。会社経験を経て独立して活動している方などはこれにあたる方が多いです。

出典:舞台監督|業務内容 収入 資格|職業体験ネット

 

とありますが、こんなもんではないでしょう。

会社として経営していて、代表取締役ですから、

数千万はもらっていると思います。

だって、年に休みが10日もないんですよ?

世界をまたにかけて活躍しているのですから、

それくらいはもらっていると思います!

 

まとめ

小栗旬さんのお父さんが、舞台監督だということを初めて知った日でした・・・

お父さんは非常に優秀な舞台監督なんですね!

 

世界でも活躍する舞台監督で、

妻も綺麗。

その顔面偏差値が小栗旬さんに引き継がれています。

美桜

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!


スポンサーリンク