浅田斉吾の経歴と年収は?プロになったきっかけや獲得賞金を調査!


スポンサーリンク


プロダーツプレイヤーの浅田斉吾さん!

ダーツのプロって、どうやってなるの?

しかも!

どれくらい儲かるのかしら・・・・年収・・・・

気になりません?

プロになったきっかけや、今まで獲得した賞金も知りたい!

お金に関わることは見逃せません!

それでは、調べてまいりましょう!

浅田斉吾さんの経歴やプロになったきっかけは?

それでは、浅田斉吾さんのまずはプロフフィールから行って見ましょうか!

名前:浅田斉吾

読み方:あさだ せいご

生年月日:1980年3月6日

出身地:大阪府

身長184cm

利き腕:右

利き目:右

出典:ウィキペディア

浅田斉吾オフィシャルウェブサイト

子供の頃は、ゲームクリエイターになりたかったらしいです。

それがどうしてこうなった??

 

体も大きいですよね!

実は、高校時代にラグビーの大阪代表として、

日本一を経験しているらしいのです!

出身高校は、大阪の名門大阪桐蔭高校。

偏差値は41−69と幅がありますが、69だったらマジですごいですよね!

頭よすぎ!

 

すごい経歴ですよね。

ラグビーから、なぜプロダーツプレイヤーになったの〜〜〜?

 

すっごい気になる!

 

浅田斉吾さんがはじめてダーツに触れたのは、2006年の8月の終わりだったそうです。

26歳でした。

プロだから、もっと早いのかと思ってた!

結構遅いんですね。

当時は接骨院で見習いをしながら、国家試験を目指していたそうです。

 

ますます謎!!

それがですね!

実はですね!

浅田斉吾さんのお兄さんの剛司さんは、関西では有名なダーツプレイヤーだったそうなんです!

だから、全く無関係ではないんですね。

 

でも、有名人のお兄さんと比べられるのが嫌で、ダーツを避けていたんですって。

 

そりゃ、

「あいつ、弟だろ?下手くそ〜」

なんて言われたら、絶対嫌ですよね!

 

でも友達と普通にやったら、すっごい面白かったらしく、

それ以来毎日10時間投げまくったそうです。

 

これは、ダーツの遺伝子ですか?

いくら好きでも、ここまでやる人は少ないですよね!

 

まあ、お店の人に

「お前、素質あるで」

と言われたのも嬉しかったんでしょうけど・・・

でも、10時間なんてできない!

私なら・・・・

 

そして、ダーツを初めて1ヶ月も経たないうちにAフライトまで上り詰めたようです。

 

 

 

これを、ダーツを初めて1ヶ月で成し得たのは、努力と、遺伝子のたまもの??

しかも、どんどん上達して、トッププロレベルに達するまで3ヶ月かからなかったんですって!

天才ですな。

 

上達の秘訣として、

「僕の場合は、4人で一緒に始めたから、負けたくないって言うのがありましたね。早く、一番上のカテゴリーに行って、すぐに有名になりたい、というモチベーションもありました。それから、兄がいましたから、あまり格好の悪いことはできないし、どうせやるなら、兄に勝ちたいという気持ちもありました」

出典:第25回 浅田斉吾(2) | PERFECT プロソフトダーツトーナメント

 

やはり、お兄さんがライバルか・・・・

そうですよね。

ライバルがいた方が強いですよね!

 

 

あとは、ラグビーをやって培った根性!!

学校が遠かったので、毎朝5時に起床し、1時間半かけて通学していたそうです。

体育科に通っていたので、午後はラグビー。

練習が終わると18時から21:30まで筋トレ。

帰宅は23時過ぎという、過酷な生活を3年続けたそうです。

 

だから、ダーツを10時間やるっていうのも、無理のないことだったのかもしれませんね!

根性座ってますわ!

結婚されていますが、奥さんも協力してくれてて、

「今回、調子が悪くて、子供が夜泣きしたとかあったんですけど、嫁さんが全部見てくれて、…、嬉しいです。好きなだけ練習しておいでと言ってくれました。応援してくれる皆さんの気持ちに対して、恩返ししたい気持ちで頑張れました」

 

と、優勝した時に奥さんに感謝の気持ちを伝えています。

いいですね〜〜〜

なんだか支え合ってる感じ!

 

それでは!

実力のほどを動画でどうぞ!



スポンサーリンク


プロダーツプレイヤーってどうやってなるの?

 

そもそも従来のダーツプレイヤーとは、

プロの団体の試合に出場している選手=プロなんだそうです。

浅田斉吾さんは、PERFECTの試合に出ているので、それで見てみると、

【プロ資格取得まで】
書類審査

筆記&実技試験

会員認定・試合出場
ということです。

出典:ダーツのプロになるには?プロになるまでのステップ・試験のまとめ – NAVER まとめ

 

ということらしいです。

実技はわかるんですが、筆記まであるんですね!

それにびっくり!

 

筆記試験は、ダーツの基礎知識で、100点満点中70点以上で合格だそうです。

テキストが配布されるらしいので、それをしっかりやれば、そんなに難しくないそう。

そりゃそうですよね。

実技の世界ですから!!

いくら知識があっても、実力がなきゃ勝てないよ!

 

実技試験は、

[男子 ] 501(8スロー 24ダーツ以内・ダブルアウト)
5レグ中、1レグクリアで合格
ブルセパレート(アウターブル25点・インナーブル50点)

[ 女子 ] 701 ファットブル(10スロー 30ダーツ以内・マスターアウト)
5レグ中、1レグクリアで合格

だそうです。

Aフライトのスタッツで投げれるなら、普通にクリアできるそう。

 

やっぱり、プロになってからが勝負なんですな。

浅田斉吾さんの年収は?

 

今は、ダーツバーを経営していて、生活を安定させているそうです。

 

店の経営は順調で、新たに2店舗出したりしているので、年収は高いでしょうね!

ダーツバーの経営の年収がどれくらい??

って思ったのですが、

なかなかダーツバーの年収はないので、

ただのバーなら、

売上高312万 - ランニングコスト280万 = 純利益32万円/月

人件費にバー経営者本人の給料も入れて考えている場合は別ですが、そうでない場合このバー経営で稼げる年収は、

利益32万/月 × 12ヶ月 = 384万円   となります。

出典:バー経営で稼げる年収は?あなたの経営手腕次第で運命は決まる。|店舗デザインの新しいカタチ – SHELFY –

 

だそうです。

3店舗持ってるから・・・・

 

すごいんじゃないですか!!

浅田斉吾さんの 獲得賞金はどれくらいなのか?!

 

まず、浅田斉吾さんのダーツの戦績です。

2016年 PERFECT年間ランキング第1位
2015年 PERFECT年間ランキング第1位
2014年 PERFECT 第6戦 横浜 優勝
2014年 WDFラスベガスオープン クリケットダブルス 優勝
2013年 PERFECT年間ランキング第2位
2013年 PERFECT 第20戦 岐阜 優勝
2013年 PERFECT 第16戦 石川 優勝
2013年 PERFECT 第12戦 横浜 優勝
2012年 PERFECT年間ランキング第3位
2012年 JSFD JAPAN OPEN 優勝

ダーツの大会は、G1とG2の二種類があるそうで、

賞金がG1が400万円以上、G2が300万円以上らしいのです。

年20回大会があるので、全部優勝するとなんと8000万円!

プロダーツプレイやーって、かなり儲かるのですな!

 

 

まとめ

プロのダーツプレイヤーとして活躍している浅田斉吾さん。

最初はお兄さんと比べられるのが嫌で、やっていなかったのですが、

面白さにはまり、プロの道へ。

かなり稼いでいますw

 

夢見れますね!!!

美桜

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!


スポンサーリンク